「定年まで働き続ける」という記事がありました。


定年まで働き続けるって、
どんな意味があるのでしょうか?

02.jpg

大手上場企業で給与もいいし、厚生面もいい、
なにより、安定しているから、
定年までずっと働いていたい

そう思うかもしれません。
しかし、それはあなたの論理です。
企業には企業なりの論理があります。

定年まで働くために、
あなたは「あなたなり」に、
一生懸命に頑張っているかもしれません。

しかし、それでは定年まで勤めることはできないでしょう。
なぜなら、会社の論理ではないからです。
会社としては「会社なりに」働いている人を評価します。

評価されるのは、会社の方針通りの結果、
「会社なり」の結果を出すスキルを持っている人です。
「あなたなり」ではありません。

入社した当初は、皆「人材」です。
つまり人「材」です。
その「材」、人という材料は、仕事、組織、研修等による加工で、
次のように変化していくきます。

人「材」→人「財」 会社にとって無くてはならない人。
人「材」→人「材」 何ら変化しない人。
人「材」→人「在」 可もなく不可もない、いるだけの人。
人「材」→人「罪」 会社にいるだけで困る人

この中で、確実に定年まで勤められるのは「人財」だけでしょう。
「財」とはスペシャリスト、代替の利かない人です。
それ以外の人は、いつ何時リストラにあうかわかりません。

これまで、「あなたなり」に「大過なく勤めてきた」というのであれば、
楽しく、定年までと言うのは難しいと思います。

ニッチな部分でもいいいから、スペシャリストであれば、
まだ生き残れると思いますが。

次のチェックをしてみましょう。
あなたがいなくて困る仕事ってなんですか?
その仕事は、すぐに誰か代替が利く仕事ではありませんか?
あなたは、「会社なりに」働いていますか?
過去に素晴らしい業績があったとしても、
それを捨てることができますか?

もしかして、自覚せず、
「材」のまま、または「在」か、「罪」になっていませんか?

定年まで勤めたいのであれば、
もう一度、自分の仕事、スキルを振り返ってみましょう。
posted by mori at 12:21 | スキルアップ

奨学金を利用している大学生の自己破産急増を放送していた。


macbook-577758_640.jpg

それによると奨学金利用者の55%、つまり2人に1人強が退学し、
その数は年間8万人にも上るという内容だった。

「苦労しても未来が見えない。」
こんなきついことはない。

これからの時代を背負う若い世代が、
学生生活さえまともにおくることができない。
放送を見ていて悲しくなった。

しかしもう一つ気になったことがある。
それは、なぜ「自分で稼ぐ」ということを選択しないのだろうか?
と、いうこと。

もちろんお金に追われる生活で、そんなゆとりなんてないって、
ことは私にもよくわかる。

私も、お金に追われ苦労したことがある
毎日、お金に追われ、寝ているときの夢にまで。
寝ることも怖くなるくらいだった。

だけど、救いが一つあった。
私には古いけど、パソコンがあった。

-----------------------------------------------------------------------
未経験者をプロに育てるオンラインブートキャンプ

-----------------------------------------------------------------------

ネットを引くことはできない。
が、フリーWi-Fiの使える店の近く、公共施設で連日通った。

そこで、月払いで購入した「アフィリエイトチャレンジ」に、
必死に取り組んだ。

しかし、簡単に結果はでない。
でも、お金を払っているので耐えて続けた。
変化が起きたのはあるきっかけ。
そのきっかけは、目標の設定を変えたから。
これまで月10万円を目標にしていた。

その目標を「今月、千円稼ぐ」に変更した。
千円を稼ぐために何をすればいいのか?
とことん考えた。
アフィリエイトチャレンジの教えを忠実に実行してみた。
(これまではいい加減だった気がする)

その結果、2件の結果がでた
金額にして1601円!(1600円+1円)
最初に確定したのは1円!!
小躍りするくらい嬉しかったのを未だに覚えている。
目標を160%達成だ。

半年続けたら、掛け持ちしていた2件のバイト以上の収入になっていた。
でも、大学は中退した。
就職という呪縛から解かれ、大企業も公務員も眼中に無くなったから。

いまではネットだけで生活している。
上司もいないし、同僚もいない。

ネットも引けたし、パソコンも最新をつかっている。
(最初のパソコンは出発を忘れないために、いまも棚においてある。)
一人で仕事をして、家族の生活を支えている

中退を余儀なくされる学生は、お金に追われ、追い込まれ、
考える余裕もなくなっているかも知れない

しかし、「自分で稼ぐ」ことを考えて欲しい。
中退した学生の年収は平均200万円だった。
それくらいだったら、4〜5ヶ月で稼ぐことができている。
ネットで稼ぐという選択肢も検討してみたらいい。

未経験をプロに育てるオンラインブートキャンプ


多くの学生が大企業や公務員を目指す。
だけど、そこには意図している安定なんてない。


posted by mori at 23:44 | スキルアップ

資格取得なら「通勤講座」まず無料でお試しをしてみよう。  

notepad-1383783_640.jpg

スマホで学べる人気のオンライン資格講座
「通勤講座」受講者10,000人突破で受講生への還元価格実施!!

先週、無料お試しを早速申し込んでみました。
入力はメールアドレスとパスワワードの設定だけ。

申込画面にはこんなことが書かれています。
※セールスはいたしませんので、ご安心ください

通常、無料申し込みをすると、
しつこいセールスレターが届く場合が多いですが、
このサイトではそれがありません。
安心して確認できます。

しかも、出し惜しみなんてしていません。
かなり太っ腹な講座だなと思います。

講座は、
 中小企業診断士 通勤講座
 宅建 通勤講座
 FP 通勤講座
ほかにも、魅力的な資格講座が!!
しかも、受講者10,000人突破で受講生への還元価格実施中で、
受講料もかなりリーズナブルに!!

電車の中でも受講できるように、スマホ、タブレットいずれでも、
学習できるようになっています。

私が申し込んだのは、【中小企業診断士 通勤講座】
です。

講義は、マインドマップを使って、
関連がわかりやすいようになっていました。
覚えやすく、かつ試験のときに思い出しやすいようになっています。

これからのビジネスでは、何か資格を持っていれば、
いざというとき安心です。

無料から始めてみたほうがいいですよ。
この方法が自分に合うか、合わないか判断ができます。



posted by mori at 23:55 | スキルアップ

こんな記事読むととても嬉しくなります。


最近の話題で面白い記事がありました。
「研修医実技トライアウト」
これは、倉敷中央病院でのことです。

医者の実技研修ですから、診断とか、手術とかだろうかなって見ていると、
とんでもない光景が!!

実技の内容は、
※5mmの折り紙で鶴を折る
※バラバラにした昆虫を接着剤で元に戻す
※米粒大の寿司を握る

こんなこと、医療と関係ないんじゃないの?
って見ていましたが、細かい作業、忍耐力など、
医師としての本質に迫るものだったかもしれません。

こういう企画をした倉敷中央病院に脱帽です。



このような細かい作業を指示されたら、あなたならどうしますか?

私自身はとっても不器用です。
とくに細かいことは、全くお手上げという感じです。

子供の頃、弟のピストルのおもちゃを分解し、
元に戻せなくなって、親に怒られた記憶があります。

仕事は、細かいことの積み重ねです。
ゴールはどんなに大きくても構いませんが、
プロセスは細かく、手がけやすいようにすることが必要です。

コンサルタントとして起業したときに、
いやというほど思い知らされました。

自分自身の10年後の目標を大きく掲げたのはいいのですが、
ファーストステップが高すぎたのです。

行動が止まり、家賃の支払いさえ困る状況に。
もちろん生活費も汲々です。

そんなときにある1冊の本に出会いました。
その本の1節にこんなことが書かれていました。
「いま、できることから始めればいい」

そうですよね。
自分自身で、目標を実現するために、今何ができるか?
それをプロセスチャートにしました。

何度も書き直し、ファーストステップをとても低くしました。
そして、今があります。

どんなに大きなことでも必ず実現できます。
第一歩を小さく踏み出すことができれば。
そのまま歩き続けることができれば。

posted by mori at 23:09 | スキルアップ

LINE 元CEO 森川さんの本

本のお薦めです。

稼ぐための時間は限られています。
何でも、かんでもできればいいのですが、
物理的に無理でしょう。

そういう状況を打破するための本です。


LINEの元CEO 森川氏の、「シンプルに考える」です。

商いの本質は「客のニーズに応える」こと。
が端的に書かれている。

あれも、これもではなく「客=ユーザーのために」、
この一点にしぼり、仕事をする。

それで、最小犠牲で最大効果を得ることができる。
この本をどう活用するか?

ただ、「本質を見極めて行動すること」が、
大切だということはわかる。
しかし、現実には難しい。

LINEでの実際の活動の部分を読み、納得した。
私自身、なんとか使えるようにしていきたいと考えている。

仕事はいくつかの項目が複雑に入り組んで成り立っている。
この本では、すべて「ユーザー」と云う視点から考えることを示唆している。

posted by mori at 23:17 | スキルアップ

スキルアップ、ある50代女性の事例

彼女、Fさんは現在50代です。
一緒に仕事をするようになって10年を超えました。

そんな彼女の姿勢には多くの学ぶ点があります。

先日、会計監査がありました。

4人の会計士が来社し、色々なことを要求してきます。
初めてのことで、彼女にもストレスだったと思います。
しかし、彼女はほぼ完璧に仕事をこなしました。

最終日、会計士はこんなことを打ち明けました。
これだけ大きな会社だから、
少なくとも10名近くの経理担当がいるだろうと思っていたと。

来てみれば、こんな大きな会社を一人で、
しかも非常勤でこなしている。
間違いもほぼない。こんな経験は初めてだ。と。

そうです彼女は「プロ」です。
では、どうして彼女は「プロ」になれたのでしょうか?

それは、彼女がフリーランスだからです。
10数年前に勤めていた会計事務所を退職し、経理のフリーランスとして仕事を始めたのです。

フリーランサーは自分の腕、スキルだけが武器です。
徹底して知識を磨き、スキルアップを図り現在の地位を得たのです。


多くの人が、男女問わず、今いる環境を嘆きます。
「自分の力はこんなものじゃない」と。

でも、こんなものです。
あなたの評価は、ほぼ妥当だと思って間違いありません。

なら、あなたのなりたい姿をはっきりとさせて、
未来に向かって歩き始めましょう。

big-bend-113099_640.jpg

より、建設的に人生を過ごすことができます。
Fさんからそのことを教えられました。

サラスヴァティーメソッド: 女性がお金と自由を手に入れて豊かな人生を生きる7ステップ




タグ:学び 50代
posted by mori at 08:43 | スキルアップ

女性がスキルアップをはじめました。


最近の女性の活躍は素晴らしいものがあります。

008.jpg

女性議員が少ないとか、
女性の管理職が少ないとか、
女性の起業家が少ないとか、

外国からいろいろ云われているようですが、
日本の女性をなんと見ているのでしょうか?

議員数とか、管理職数とか、起業家数だとかそんなもので評価しないで!!
と言いたいです。

コンサルティングをしていて感じることがあります。
働く女性の意識の高さです。

なまじっかな男性など、足元にも及びません。
そう言いたくなる状況もあります。

コンサルティングのあと、
企業の中で社員と話をする機会が多くあります。

将来のために、スキルアップのために、何かしている?
と聞くと男性の多くは、とくに、、、と返事します。
もちろん、すごく頑張っている人もいます。

しかし、女性はこの比率がもっと高いような気がします。
感覚ですが、20〜30%の割合で。

男性は、「男は黙って・・・」という感じかもしれませんが。
それならそれでもいいのですが、、、、

しかし、黙っていると応援のしようがありません。
スキルアップすれば、本人にも会社にもいいことですから、
当然応援したいと考えます。

はっきりという女性は、何を応援すればいいのか?
私の方も考えることができます。

これからは、将来、女性も自分の手で稼ぐ手段を「持つべき」だと思っています。
それは、勤めていて、生活が安定している時にこそやることだと思います。

次回は、ある事例を書いていきます。



posted by mori at 10:24 | スキルアップ

あなたは、英語が話せますか?

採用条件は、「国籍を問わない」、社内の公用語は「英語」

ユニクロの採用戦略を、昨日のニュースで話していました。
おまけに、採用も年中行い、中途採用、新卒にこだわらない。


ユニクロの考え方に、大賛成だ。
自分で、自分の居場所を作れない人なんて、企業にはいらない。

あなたは、自分で、自分の居場所を作れますか?

英語が公用語だから、
会社は英語を教える義務がある、と思っていませんか?

もしそう感じているのなら、
多分、あなたを採用する会社は無い。

そもそも、そのニュースを見ましたか?
知っていましたか?
何の内容もない、お笑い番組で時間を潰していませんか?

もし、そうなら就職氷河期なんて言わないでください。
自分で居場所を作れる人は、しっかり就職を決めています。


ユニクロのように、
グローバル化を目指す企業に求められるスキルの最上位に
「英語力」があります。

英語力とは、英語を聞いて理解し、英語を話し、英語分が書けること。

それが出来なければ、これからの企業で、
あなたが自分の居場所を作ることは、無理だと思います。
しっかりと、自分磨きをしてください。

これから、英語に取り組もうという場合に、とてもおすすめの本です。

posted by mori at 12:02 | スキルアップ